アイコン
電話:0561-76-3168 携帯:090-4218-2325
  • ブログ

地元のこと

2016年03月24日

酒蔵見学にいってきました

ブログの更新が途絶えていててすみません ☆

こんにちは!デザイナー&ディレクターの加藤です

藤デザインは、地元を応援をスローガンに活動しているんですが

私、個人としても、町おこし、地元貢献に興味があり、時々

大ナゴヤ大学の、イベントに参加したり、ボランティア活動をしています。

大ナゴヤ大学 ホームページ→ http://dai-nagoya.univnet.jp/

その活動の一環で、先日、大高の酒蔵見学会にいってきました。

image

行ってきた酒蔵は 神の井さん http://kaminoi.co.jp/ と

山盛酒造株式会社さん http://takanoyume.co.jp/ です

どちらの、酒造も歴史ある建物で、お酒が出来るまでの行程や

工場の中をみることができます。

image

しぼりたてのお酒の試飲もできます

 

神の井さん と 山盛酒造さんのお酒は それぞれ個性がちがって

同じ種類のお米からつくられていても、酵母によって味が、ぜんぜん違うことに驚きました

image

実は、日本酒はあまり得意ではなくて、そんなに飲まなかったんですけど・・

山盛酒造さんの、酒蔵見学会限定のしぼりたてのお酒を買ってかえったら、

結構、飲めるし、おいしいことに気がついて、毎日、少しづつ飲んでいます。

いや〜 いい発見したな〜♡

常連のみなさんは、つまみ持参できてました。

そういう流儀なんだね!

image

2014年10月22日

日本の手しごと「民藝陶器」の作り手を訪ねて。こんな感じでした

10612650_819518534765202_940897487471872698_n

こんにちは。デザイナーの加藤です。

先日、ボランティアスタッフで参加しました。イベントですが
大ナゴヤ大学のfacebookにレポートがアップされてますのでご覧になってください。

瀬戸市外から、16名の方がご参加くださいました。みなさん、民芸やせとものに興味がある方たちばかりです。
銀座通り商店街や、末広商店街 ノスタルジックな町並みを散策しながら、窯垣の小径を歩きます。

瀬戸市の方は、身近に有りすぎて気づいていない、魅力が瀬戸市には沢山あり。
私自身も、こういった魅力を発信していくのはどうだろうという考えがあったので
このイベントに参加しました。まずは知ることから。

たくさん考えることがありましたし、瀬戸に新しい風を呼び込もうと活躍している
方達との出会いもありました。これからの瀬戸市 きっと面白くなってくると思います。

仕事を始めてから、灯台下暗し という言葉がずっとあります。
実は、ニーズや、良いものは、自分の足下にあるのだということ・・
事業を始めなかったら、ずっと気づく事ができなかったかもしれません。。

2014年10月10日

日本の手しごと「民藝陶器」の作り手を訪ねて

SONY DSC

 

こんにちは、デザイナーの加藤です。
このたび、地元のイベントにスタッフとして参加させていただくことに
なりましたので、イベントの告知をさせていただきます。

 

日本の手しごと「民藝陶器」の作り手を訪ねて

http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/271
窯跡の杜(かまあとのもり)と瀬戸本業窯(せとほんぎょうかま)を訪問して
「せともの」の由来や、瀬戸市文化財の登り窯や瀬戸本業窯の250年の変わらないものづくりの
本拠地を拝見します。
授業コーディネーターは、瀬戸市で、町のコーディネーターとテーブルコーディネーターとして
活躍されていらっしゃるYUIの斎藤貴子さんです。
http://www.yui-musubu.com/

イベントの受付は終了してしまいましたが

 

当日は、窯垣の小径祭りが開催されます。

 

スクリーンショット 2014-10-10 10.35.03

 

他にも この土日で深川神社の参道で せと・アトリエ参道が開催されています。

http://www.seto-marutto.info/event/atelier/

陶磁器・ガラス・布・木工。さまざまなジャンルのクリエーターが展示販売や
ワークショップを行っています。 瀬戸蔵エリアでは、せとめし広場で瀬戸のグルメも
楽しめます。 陶磁器に興味のある方は、この土日瀬戸市に遊びにきてくださいね!