2015年01月26日
美しいもの VS 美味しいもの

112386

藤デザインの遠藤です。

最近の藤デザインの定例会議(たいそうな・・・)にて、「わたしたちのスキルをどの分野で生かしていったらいいか」 という話をしていました。

藤デザインで得意としていることは、

・商品やサービスを引き立てるデザインを考え、カタチにする。

・商品やサービスの個性や長所を分かりやすく言葉にし、求めている人に届ける。

・目的に沿って情報を編集し、求めているエンドユーザーにつなげる。

「じっくりと説明が必要な分野に向いているよねぇ」 ということになり、思いついたのが 「美しいものを売っている方のホームページ制作」。

例えば、宝石や着物、器など、美しいものというのは たいていの場合、素材を選び抜き、熟練の職人さんの高い技術があって 完成するものです。

また、人を美しくする「美」に関するサービスも同様に、サービスを提供する方の技術やセンスが、そのまま価値となります。
素材に関するこだわりや、つくる人の技を アトリエからの実況レポートのように写真と言葉で伝え、 商品にふさわしいデザインに仕上げる。
デザインは、商品の価値を下げてしまうようなものでもいけませんし 商品よりも目立ってもいけません。

大変かもしれないけれど「やってみたい!」と意見が一致しました。 が、しかし・・・。

美しいものを売る方や美に関するサービスを提供する方というのは 総じて美意識が高く、女性らしいファッションで 頭のてっぺんからつま先まで完璧。巻き髪で、ネイルもいつもキレイに塗られていて ファッションも女性らしいイメージ。

しかし私はどうだろう・・・。

ファッションに関して、一応TPOはわきまえて 出掛けますが「心地いいこと」を重視しており ヒールは苦手ですし、寒さに弱いので厚着ですし、
メイクも「すっぴん?」って言われるくらい薄いですし ネイルも違和感を感じるのでしてません。

遠藤:「こんな私が、美しいものを売っている、美意識の高い方に 受け入れてもらえると思う?」

加藤:「・・・・・。」

ということで、この方向性はナシかも。

でも、視点を変えれば藤デザインの特技は 「ものすごくおいしいものを売っている人のホームページ」 にも生かすことができそうです!

おいしいものも、美しいものと同様に、吟味された素材があり、シェフや職人さんの熟練の技から生まれます。そんなわけで、おいしいものを作っている方、売りたい方からのご依頼、お待ちしています!

補足:藤デザインでは、商業写真の経験豊富なフォトグラファーさんに依頼して写真撮影をしてホームページを作成することもできます。
美しいものはより美しく、美味しいものはより美味しそうに。写真の力も加わることで、メッセージ力がアップしますよ!

2015年01月20日
手書きの文字

藤デザインの遠藤です。

最近、日本人と文字の手書きに関することを調べていて

いくつかのデータを見たのですがやはり、パソコンやメールの時代なので

手書きの機会は減っているものの、その分手書きの価値や関心は高まって

いるようです。大人で書道教室に通う方も増えているそう。

ノートやペンの文具も、多くの趣向を凝らしたアイテムが発売されています。

わたしも手書きが好きなので、ノートやペンの売場を見るのはワクワクします。

 

「手書き」というキーワードで検索するとよく出てくるのが「履歴書」。

手書きかPCかで、受ける側も採用する側もさまざまな意見が。

受ける側で、手書き肯定派は、自分の真面目さをアピールできるetc・・・

受ける側で、手書き否定派は、1枚30分かかるので非効率。

手書き指定なんて古い!受ける人間の立場になって考えてくれない企業なんて

落ちた方が幸せなんていうコメントもありました。

個人の人柄を知る方法がなかった昔は手書き文字で判断するしかなかったが

今やSNSなどでいくらでも調べることができるから無意味だという意見。

字がキレイなことと仕事ができるは別だ!とか・・・。

ヘタでも丁寧ならいい。ヘタとザツは別だとか・・・。

採用側での手書き否定派の意見は、「学歴や資格を比較しづらい」とのことでした。

採用側の肯定派の意見はネットでは拾えませんでした。

 

で、今回は何のために文字のことを書いたかというと

__

 

 

 

 

 

 

 

この「ぐりとぐら」の切手をお見せしたかったからです。

2か月ほど前に発売されたものなのですが、そのかわいさが

ちょっと話題になってました。

フリーランスになってから、伝票を郵送する機会が増え

ちょくちょく切手を購入します。郵便物の内容が内容なので

せめて切手で楽しんでもらえたらと思って、窓口吟味して購入しています。

とはいえ、それらの方々に切手の話題を振られたことはありませんが・・・。

完全な自己満足なのでした。

では。

 

 

 

 

 

2015年01月12日
飴細工を見たことありますか?

お久しぶりです。

藤デザインの遠藤です。

今日は、友人でもある飴細工師、「鶴藤」のたかこさんを紹介します。

http://tsurufuz.cureall.co.jp/  (鶴藤さんHP)

3年ほど前にパンフレットを作成させてもらいました。

飴細工どうやって作るか見たことありますか?

アツアツの丸い白い飴の塊を、鋏で切れ目を入れて

ビヨーンと伸ばしたり、色を付けて、動物やお花などいろんな形にしていくのです。

手の中で、どんどん形が変わっていく様子は思わず見入ってしまうくらい面白いです。

その様子をパンフレットでは唄にしましたよ。

http://fujidesign-nagoya.com/jisseki_5.html

飴の歌
ぴょんぴょんごごきげんうさぎさんぞうさんがなが~いお鼻でこんにちは
おめめのかわいいパンダが笑ってる泣いてたあの子もほらにっこり
いいねいいね飴細工

まんまるあつあつはさみでちょきんぴょーんと伸ばして手になった
ぴょこんとお耳もでてきたよお目めをかいたらこんにちは
ふしぎたのしい飴細工

 

いろんなイベントで出張実演をされています。

動物やモノ、「これを作って」と言うと、写真とか何もみなくても

形ができていってしまうのです!すべて頭の中にイメージできているみたい。

__

あと、写真を見ながら似顔絵ならぬ、似顔飴を作ってもらうこともできます。

わたしは、あるダンサーさんのを作ってもらいました。

 

出張実演のほか、ネット注文でオーダーのオリジナルの飴を作ってもらうこともできます。

大切な人に花束を贈るように、思いを形にした飴を贈るのもステキ!

姪っ子が小学校に入学するときに、ランドセル飴なんてプレゼントしようかなーと考えています。

http://ameblo.jp/tacaconbu/ (アメブロでもいろいろ作品を見ることができます)

気になる方は、HPやブログを見てみてくださいね~。

 

たかこさんと一緒に、ここ数年干支の飴を撮影しているんです。

今年はこんな風になり、プライベート用の年賀状にしました!

羊飴年賀状

飴はもちろんたかこさんが作ってくれるのですが、一緒にどんな形にしようとか

背景や小物を考えます。これを撮影したのは8月の真夏だったので

飴がすぐに溶けてきてしまい大変だったのを思い出しました。

 

 

 

 

2015年01月06日
本年も宜しくお願いいたします

最終

 

あけましておめでとうございます。

本年も、謹んで宜しくお願い申し上げます。