アイコン
電話:0561-69-2408 携帯:090-4218-2325
  • ブログ

藤デザインのこと

地元で人と人をつなぐこと

2014年09月25日

008205

 

藤デザイン 遠藤です。

先日書いた花火の話、多くの人に共感していただいている

そうで、うれしいです。またいいニュースがあったら紹介しますね。

 

今回は先日加藤も書いていた「地域密着の営業」にちょっと関わることを書きます。

2008年に会社勤めをやめてから、私の生活範囲は大きく変わりました。

いくつかの会社を経験しましたが、そのほとんどが名古屋市中区のオフィス街。

加藤とも、中区のデザイン会社で出会いました。

朝から深夜まで会社にいることが多く、ご飯を食べるのも、買い物をするのも

歯医者やちょっとした不調で内科に行くのも整体に行くのも、

銀行も郵便局もすべて会社から近いところでした。

だから、私の意識は常に都心部にしかなかったと思います。

このオフィス街だけで、経済がまわっているような感覚でした。

 

それが、緑区の自宅でほとんどの時間を過ごすようになって

区内に行動範囲が変わりました。そうすると、たくさんの発見がありました。

まず、あちこちへ出かけるといろんな年齢層の人に会います。

当たり前ですが、みんな普段着。オフィス街で出会う人は年齢層が限られていますし

制服やスーツ姿、もしくは気合入れておしゃれをしているのが違うところ。

さらに、ご近所にも魅力的なお店や高い技術を持っている会社、評判のいい医院があり

多くのプロフェッショナルな方がいるということ。

 

昼間あちこちで出会うのは、普段着のおじいちゃん、おばあちゃん、

赤ちゃんと散歩しているお母さん、ランドセルをしょった小学生、

常連さんでいっぱいのお店のご主人。

 

経済の難しいことは分からないけれど、

あぁ、こうやって経済は地元で動いているんだなあとしみじみと感じたのです。

 

それに気づいてから、これまで住んでいながら地元にあまり関心を持たなかった

自分を反省しました。なんとなく住んでいる郊外よりも、市の中心部にあるもののほうが

いい気がしていたからです。

ほんと、はずかしいです。昔の自分を怒ってやりたい気分です。

 

今は、地元の会社やお店の魅力を引き出して、一人でも多くの人に知ってもらいたい。

そして、その会社やお店を知って「よかった!」と思ってもらえるように。

人と人をつなぐことができたらいいなと考えています。

では~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!