アイコン
電話:0561-69-2408 携帯:090-4218-2325
  • ブログ

趣味など

ものづくりのお仕事って

2014年08月28日

ご無沙汰しています。遠藤です。

わたしは、2年くらい前から製本教室に通ってノートを作っています。

理由は、紙や布が好きなこと、ノートが好きなこと、社会人になってから習い事を

したことがなかったので、何か継続してやってみたかった、というのが50%。

あとの50%は、「ものづくりをする人への憧れ」です。

6年位前、会社を退職して職業訓練校に行っていたときの同級生に、

さまざまな職人さんがいました。(ちなみに行ったのは、WEBの学校です)

アパレル業界のパタンナーさんで、洋服もデザインする子。

日本伝統の飴細工職人の子。

陶芸家で、陶芸の窯も作っている子。

その子たちの作品を見て、それぞれのものづくりに対する熱意や、苦労

などを聞き、自分も何か形に残るものをつくる人になりたい!と思ったのです。

半年くらい前のものですが、完成した作品を紹介します。

 

箱入りのノートです。

表紙は布、見返しは紙。

中は書籍用紙という白い紙です。

しおりのひもは、えんじとブルーの2本入れました。

見えにくいですが、ひもの根本には「花ぎれ」という布が仕込んであります。

箱は外も中もノートと同じ素材を使用しています。

タイトルは、活字を組んで箔押ししています。

遠目には分かりませんが、糊のシミがあったり、紙のサイズがずれて

いたり、トラブル多数・・・。

売れるくらいのレベルのものが作れるようになるには、まだまだ修行が必要です。

カタチに残って、日常使われるものをつくるという仕事が

どんなに大変なことか、身をもって感じました。

(ノートと一緒にしないで!というお叱りの声も聞こえてきそうですが・・・)

 

では。

遠藤でした。

ごきげんよう、さようなら。(朝ドラのマネをしてみました)

error: Content is protected !!